人気のミネラルファンデーションをこだわり別にランキングしました

他のファンデーションと何が違うの?

ここでは、ミネラルファンデーションの基礎知識をQ&A形式で解説いたします。

Q:そもそもミネラルファンデーションとは?

A:ミネラルを含んでいて、肌に良いと大注目されているファンデーションです。

このミネラルとは無機質の意味。成分に水分や油分を含まない天然の鉱物(マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄など)です。

ミネラルを含んだ製品として身近なところではミネラルウォーターが馴染み深いですよね。

ファンデーションはお肌に直接つけるもの。お肌や体が必要とする優しい成分でお化粧できるのならベストです。

サラサラの細かいパウダー状ですので、ブラシなどを使ってお肌に乗せていくのが一般的な使い方です。

刺激なもの、カバー力の高いものなど、製品によって使用感は異なります。

原料は、ミネラル含有率が1%でも100%でもミネラルファンデーションと呼ばれていますので、選ぶ際には注意が必要です。

Q 一般的なファンデーションと比べて何が違うの?

A: 一般的なファンデーションは、水分や油分のほかに人工的に作られた成分、界面活性剤やシリコン、水やオイルを含んだものが多いです。

今までカバー力などを高まるために当たり前のように入っていた、水分や油分などは、実は肌に負担がかかるもの。

腐敗や酸化の原因というのが事実なのです。

また製品によっては、ツヤ感やなめらかさを出すためにシリコンが入っているものもあります。

肌に密着しすぎてしまうため、負担のかかるクレンジングが必要でした。

今、シャンプーなどでもシリコンは問題視され、ノンシリコン製品が注目されていますよね。ファンデーションも、肌をキレイに見せるだけの役割ではなく、お肌に良い成分を使ったものが注目されており、ミネラルファンデーションを選ぶ方が増えているのです。

【ミネラルファンデと一般的なファンデーションを比較】

  ミネラルファンデーション 一般的なファンデーション
成分 ミネラル(鉱物)を使用。オイル、タルク、パラベンなどの刺激物フリーで肌に無害で優しい 様々な化学物質を使用。高いカバー力や質感向上のために肌への優しさよりも効果重視
仕上がり ナチュラルで薄付き。カバー力が高いものもある 毛穴を埋めて厚みのある仕上がりで高いカバー力
使い方 下地、UV効果もあるものもあり、スキンケア後、これひとつで肌をカバーできる 下地、リキット、BB、UV、フィニッシュパウダーなど組み合わせて使っている人が多い
クレン
ジング
石鹸ひとつで落とせる。クレンジング剤の負担が無いのが嬉しい クレンジングを使用し、しっかり洗い残さなければキレイにならない
価格帯 1ヵ月で1,300円~1,500円程度  1ヵ月で2,000円程度(種類が多く価格に開きあり)
メリット
  1. お肌に長時間つけていても無害な成分で安心
  2. クレンジングなどが簡単でお肌の負担も心配なし
  3. ナチュラルメイクでありながらきちんとカバー力も期待できる
  1. シミや毛穴などのカバー力が高い
  2. 種類が多くコスパ重視の製品も多い
  3. 今まで使っていたものなので安心できる
デメリット
  1. 一般的なファンデーションよりも価格帯がやや高めです(下地やクレンジング剤などがいらないのでトータルでは、お得かもしれません)  
  1. 実はオイルや界面活性剤、シリコンなど、お肌に良くない成分が多く含まれている
  2. クレンジングに負担がかかり、落としの残しがあると肌トラブルもある
  3. 下地やリキット、UVなど組み合わせて使わななければならないのが面倒

あなたの肌に合うのは、どのタイプ?運命のミネラルファンデが見つかる診断チャートはこちら!